Education professional ones medical
このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋の力

福祉の世界を目指しているなら柔道整復師の学校に通ってみませんか。3年制なのでじっくり技術力を高めることが出来ます。

看護の学校に進学する時に役立つ情報が盛り沢山です。進路のハウツーや医療情報まで事前にチェックしておきましょう。

骨や筋肉の故障を治す専門家

柔道整復師は骨折・脱臼・ねん挫・打撲など、骨や関節、筋肉等の損傷に対する専門治療を行うスペシャリストです。その資格は国家資格となっており、有資格者以外が治療を行うことは許されていません。いわゆる医療行為を行う医師ではありませんが、医療を補完する技術を持った専門家として現在ではその地位が確立されています。柔道整復師は柔道整復術と呼ばれる手技を中心とした治療技術によって骨や関節などの損傷個所を修復・固定し、自然治癒力を引き出します。名称の中に「柔道」とあるのはかつて柔道場において稽古や試合の最中に発生したケガを処置するためにこの技術が必須のものとされたことによるものです。現在では西洋医学の理論等も取り入れて独自の発展を遂げています。

働くには国家資格が必要

柔道整復師の資格を得るには、国の指定した養成学校で必要な単位を履修し、毎年1回行われる国家試験に合格する必要があります。養成学校には医学・体育学系の大学及び短大、並びに医療系の専門学校があります。いずれの学校も修学年数は3年以上で、実技はもちろん生理学・解剖学・整形外科学・公衆衛生学など幅広い知識の習得が必要となります。柔道整復師の資格を取得した者は接骨院や整骨院と呼ばれる専門の治療施設で働くの一般的です。こうした施設では、健康保険の適用も認められています。もちろん自ら独立して施設を開業することも可能です。また近年ではその専門技術を生かしてスポーツマッサージや高齢者介護の分野で活躍するケースも見受けられます。

整体師になるには実際に経験をしたことがある人から指導を受ける良いです。それを可能にした素晴らしい専門学校があります。

整体の勉強をする

整体師はとても人気のある職業です。整体を受けに来る人は沢山いますので、お客様に困ることはありません。また、通学や通信教育で整体の資格を取ることが出来ます。時間の無い方は通信教育が良いでしょう。

技術を得る

日本には沢山の専門学校があります。そんな中、人気を集めているのが整体スクールです。整体では知識よりも技術が大切になってくるので技術の向上を目指す様にしましょう。

学校を選ぶ

整体師になるには資格が必要になってきますが沢山の団体やスクールがあります。そのため、自分に合った所を探す必要があります。また、金額も変わってくるので詳しく調べてみましょう。